元気のないエンジニア

ITエンジニアの元気がなくなった

最近、ITエンジニアの元気がなくなったように思います。
活躍する場所や、活躍した結果を披露する大舞台が業界的にも減っているからなのでしょうか?
それもあるかもしれませんが、やはり何か自信をなくしているような気もします。
先日行われましたリコーITソリューションズのイベントでも、「元気のある会社とは」というパネルで、元気でない理由や、元気を出すにはということを議論しました。
その中で、「ユーザーから評価されない」とか「エンジニアリングを学んでもソフトウェア開発に自信が持てない」といった話がでました。
この号では、このことを考えてみたいと思います。

 

技術・人・心を強くする

僕の中では、この問題を「技術」「人(コミュニケーションなどの人としての活動)」「心(やりがい、気付き、情熱など)」の3つをバランスさせる必要があると感じています。

図1 技術・人・心の3つを強くする
図1 技術・人・心の3つを強くする

この3つにはそれぞれ多くの問題・課題があり、それぞれを改善・向上させるような活動が必要となりますが、この連載では、この中の技術にフォーカスを充てて説明をしていきたいと思います。

ページトップへ

 

ITエンジニアが元気をなくす原因

ITエンジニアが元気をなくす原因として技術的な課題がたくさんあります。

その第一は、納得感のないソフトウェアエンジニアリングです。
多くのITエンジニアは、エンジニアリングを楽しめるくらいの納得感を得ていません。
さらに、もっと深刻なのは、ユーザーから見たときのエンジニアリングの価値を証明していないのです。そのために、エンジニアリングという行為自体が問われています。
そのため、開発コストに設計コストなどが換算されず、ましてや勉強して開発するような時間は開発者に与えられません。

なぜこのような事になっているのでしょう?
その理由は、現在の開発方法がまだまだ未熟だからなのです。

たとえば、「Vol.3 うまくいかない業務の"見える化"」で述べたように、業務を見える化する覚悟をしないまま要求を出して開発を進めてしまうと、「正しくない要求を正しく作る」といった、モチベーションガタ落ちの状態でシステム開発を行っているエンジニアも多いのです。もし僕だったら、ユーザーにとって価値がないような機能を、仕様だから仕方がないと割り切って作っても、絶対に元気になどなれません。
また、開発手法自体の問題もあります。開発ルール(開発プロセス)に縛られて、そのルールができた背景や目的については軽視されている傾向を至るところで見かけます。本来ルールは常に改善が必要です。しかし、適用される背景や目的が理解・共有できていない環境では、開発ルール(開発プロセス)が、形骸化していることさえ気が付きません。その結果、エンジニアの開発作業の中で、なんのためにやっている作業か分からないことが多くなり、だんだん思考停止状態に陥るのです。

ユーザーの価値をもたらすための開発の在り方というものを、要求開発をきっかけにして、みんなで考え、議論し、開発ルールも変えていくことが必要とされているのです。
そういう活動を行うことで、エンジニアは自信を取り戻すきっかけができます。
自信を取り戻す過程では、気づきや仕事に対する情熱も一緒に与えていく必要があります、それが心を強くするということです。心が強くなれば、情熱が継続され自然と技術が磨かれます。また、心を強くし、それを分かち合うことで、人と人とのコミュニケーション力もついてくるでしょう。

技・人・心の3つを強くしないかぎり、ITエンジニアを元気にし、会社そのものを元気にすることなどできませんし、クリエイティブな仕事などできるはずがありません。

僕は、技術だけに関心を示しているだけでは半人前、また、コミュニケーション力を高める教育をやってもダメ、一人一人の心の領域を真剣に考え、それを高める工夫の中で、人と技を強くしなければならないのだと思っています。

図2 ビジネス価値を出すエンジニアリングを獲得すれば・・・
図2 ビジネス価値を出すエンジニアリングを獲得すれば・・・


  • ※掲載されている製品・サービスは、掲載当時のものです。
  • ※掲載されている社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページトップへ