Vol.2 女性管理職候補者育成プログラムを振り返って 体験談

さまざまな立場の考え方を理解でき、自身の視野が広がりました。将来を見据えたスキル獲得のため、いろいろなことにチャレンジを! 柳谷 京子(グループウェア設計・開発・保守)

これまでの仕事

ソフトウェアパッケージ開発、経理システム開発、グループウェア設計・開発・保守

3年前の自分

仕事に対してはやる気をもっており、将来も働き続けたいと考えていました。
ですが、将来の自分についてはイメージを持っておらず、自分がどのようなキャリアを築きたいかも、あまり明確にはできていない状況でした。

現在の自分 - 女性管理職候補者育成プログラムに参加して

普段は他の事業所の方と交流する機会がなかなかありませんが、このプログラムに参加することで、今まで交流がなかった方々(他の候補者や、プログラムに参画した管理職の方々)と知り合うことができました。

日常業務ではつながりのない方たちとの交流を通じ、さまざまな立場での考え方を理解することができ、自身の視野を広げることができました。この経験以降、自分自身の考えを持つだけではなく、メンバーそれぞれの立場をふまえ、それぞれの考え方を理解することを心がけています。

自身のキャリアについては、「将来、管理職を目指す」ということを意識できるようになりました。メンバーそれぞれの立場を理解し意見を聞くことで、自分自身に足りない視点や要素を把握するきっかけが掴めたと感じています。

現在の自分 - 「学び共有ワークショップ」での経験

後輩社員に向けて、これまでの経験で得られたことを伝えるワークショップでしたが、自分がこれまで学んだことを振り返り、整理するよい機会となりました。

学び共有ワークショップ

将来の自分 - 今後のキャリア形成

開発に関するスキルだけではなく、管理職に必要なスキルを身につけ、マネジメント系の仕事もこなせるようにしていきたいです。

後輩女性社員のみなさんへ

自分の現在の業務に関するスキルだけではなく、マネジメント系など将来を見据えたさまざまなスキルを身につけられるよう、いろいろなことにチャレンジしてほしいです。

※掲載内容は2014年3月時点の内容です。

ページトップへ